筋トレをしすぎたら洋服のサイズに困る?筋肉が似合う服装について

スポンサードリンク

私は前々よりダイエットには筋トレがおすすめということでお話をしていますが

筋トレをしすぎたら洋服のサイズが合わなくなりませんか?

という相談は結構いただきます。

着れなくなった服を着れるようになるためにダイエットを始めたのに、その結果余計に洋服のサイズが合わなくなるなんて本末転倒のような話ですが…

今回は実際そのようなことがあるのか、筋肉を付けすぎずにダイエットする方法はあるのかについてお話したいと思います。

 

筋肉を付けすぎて洋服のサイズに困ることはある

 

筋肉を付けすぎて、洋服がきつくなることはあるのかについてですが

これはもちろんあります。

当たり前ですが、痩せ型の方がボディビルダーのように太くて厚い体型になれば、それまで着ていた服は着れなくなります。

特に困るのは肩幅ですね。

肩幅に合わせて洋服を大きいサイズに変えれば問題ないことですが

成人ともなれば急激に身長が伸びることもそうそうないですから、サイズを大きくすると丈が長くなってしまいます。

後は、太ももが太くなってスキニーパンツが入らなくなるというような方も結構いると思いますよ。

 

スポンサードリンク

洋服のサイズが気になる人は筋トレをしない方がいいのか

 

洋服のサイズが合わなくなるなら筋トレはしたくないという方もいると思いますが

先ず、女性の方でしたら洋服のサイズについては気にされなくて大丈夫でしょう。

以前【女性必見】筋トレで筋肉質になってしまうのが嫌だでもお話しましたように、女性は元々テストステロンの分泌が少ない為、相当追い込んだトレーニングを行わない限り、洋服のサイズが変わるくらいまで筋肉が付くということはありません。

それでもどうしても気になるという方はインナーマッスルを鍛えるようなトレーニングを中心に行えば、外の身体のラインには出さずに筋肉を付けることが出来ます。

そして、男性の方。

男性の場合はやはりある程度の筋トレを行っていれば、筋肉も付いてきてしまいますので洋服のサイズも変わりやすいと思います。

もし、筋肉はそこまで付けたくないということでしたら、低重量高回数のトレーニングを行うようにし、筋肥大よりも筋持久力などを目的に鍛えるようにしましょう。

女性の方と同様に、インナーマッスルのトレーニングをメインに行うのもおすすめです。

 

筋肉が付きすぎてしまったらどんな洋服を着ればいい?

 

洋服に困るのは分かるけど、それでも筋肉を付けたい!

という方もいると思います。

そう言った方は多少サイズが変わっても着れるような服を選ぶようにしましょう。

サイズが変わって洋服を全部買い替えなきゃいけないなんて大変ですからね。

具体的には、セーターやパーカー、太めのパンツを選んだりなどです。

ジャケット系は肩幅が広くなったり、腕太くなると着れなくなることが多いため、あまりおすすめしません。(ダウンジャケットは多少身体のサイズが変わっても着れることが多いです。)

Tシャツやポロシャツは少しサイズが合わないくらいでも、見て分かるくらいの太い腕や厚い胸板があれば十分格好良いと思いますよ。(個人的な意見ですが。)

私の場合、少し小さいくらいの方が筋肉が強調されて格好良く見えるなと思って、あえてサイズを変えなかった時もあります(笑)

 

まとめ

 

洋服のサイズが気になる方は、身体の大きさが変わらないようなトレーニングを行えば問題ありません。

筋肉は付けたいけど洋服が気になるという方は、多少身体のサイズが変わっても着用出来る服を選ぶようにしましょう。

男性の場合、筋肉が一番のファッションと言われたりすることもありますので、筋肉も含めて格好良い見た目を目指してみてくださいね。

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数