筋トレをしたらハゲるってホント!?男性ホルモンと薄毛の関係

スポンサードリンク

筋トレをするとハゲるなんて噂を聞いたことはありませんか?

このサイトでは筋トレに関する情報をお届けしていますが、もし「筋トレをするとハゲる」なんてことがあるのだとしたら、筋トレなんてしたくないという方もいるはず。

私も元々額が広い方で、薄毛に関してはかなり敏感です。

筋トレでハゲるなら非常に困ります。

そこで今回は筋トレをするとハゲるという噂が本当なのか嘘なのかについてお話したいと思います。

 

筋トレをしたらハゲると言われている理由

711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_s

 

そもそも筋トレをするとハゲるという噂は何故生まれたのか。

それは1942年にエール大学の解剖学者ジェームス・B・ハミルトン医師が行ったある研究の結果からです。

そのある研究とは、去勢(睾丸を摘出)した男性に男性ホルモンを投与することによって、頭髪にどのような影響を及ぼすのかというもの。

去勢されている人は男性ホルモンが作られませんので、そうでない人と比較して男性ホルモンの影響を調べることが出来るのです。

この研究によって分かったことは

  • 去勢された人はハゲにくい
  • 家族にハゲている人がいる場合、男性ホルモンを投与すると薄毛が進行する
  • 家族にハゲてる人がいない場合、男性ホルモンを投与しても薄毛は進行しにくい

主にこの三点。

去勢されている人がハゲにくいということは、裏を返せば男性ホルモンが薄毛に影響を及ぼすということになります。

男性ホルモンが増えるとハゲるという噂はこの研究結果から生まれているのですね。

男性ホルモンだけが原因とは限らない

しかし、この研究で分かったことはその他にも二点ありますね。こちらの方が重要です。

家族にハゲてる人がいない場合、男性ホルモンを投与しても薄毛は進行しにくい

ということは、男性ホルモンが増えたところで遺伝的にハゲにくい人はハゲないということになり、男性ホルモンだけでなく遺伝や体質も薄毛に影響するということを表しています。

男性である以上、男性ホルモンを無くすことは出来ません。

男性ホルモンの増減よりも、元々ハゲる可能性があるかどうかの方が重要になってくるということです。

 

スポンサードリンク

筋トレと薄毛の関係

e545417ee7d8843f257e24b25ae4a48f_s

 

とはいえ、上でも書いたように遺伝的にハゲやすい人は男性ホルモンが増えれば薄毛が進行するという結果も出ています。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが筋トレを行うことによって分泌されるということについては筋トレが精神に与える効果!テストステロンの分泌にはメリットがあるでも話した通りですので

筋トレをすると男性ホルモンが増える薄毛が進行する

ということになってしまいますね。

しかし、ハミルトン博士の研究後、更に薄毛と男性ホルモンの関係については研究され、実際に頭髪に影響を及ぼしているのはテストステロンではなく、DHT(ジヒドロテストステロン)ということが分かりました。

じゃあ筋トレと薄毛は関係ない?

じゃあ筋トレと薄毛は関係ないんじゃない?と思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、テストステロンも全く関係ないということはありません。

頭髪に影響を及ぼすDHT(ジヒドロテストステロン)ですが、実はこれは5αリダクターゼという酵素の働きによってテストステロンが変換されて生まれるもの。

つまり、遺伝的にハゲやすい人は筋トレによって薄毛が進行する可能性は十分にあるということになります。

また、毛髪はその殆どがタンパク質から構成されており、タンパク質が不足すれば健康な髪の毛も作られなくなります。

筋トレを行っていると筋肉の修復などにもタンパク質も使われるようになりますので、タンパク質を十分に摂取していないと、毛髪にも影響を及ぼす可能性があります。

 

筋トレと薄毛のまとめ

 

ここまでの話をまとめると

遺伝的にハゲやすい人は、筋トレをすることによって薄毛が進行する可能性がある。

ということになります。

まぁ、当たり前かもしれないですが、全員が全員筋トレをすることによってハゲるのなら、ジムにいる人やボディビルダーはみんな薄毛になってしまいますからね。

家族にハゲている人がいない場合はそれほど気にする必要はありません。

ガッツリと筋トレをしましょう。

問題は遺伝的にハゲやすい人。

私もこの部類なので、薄毛が進行してしまうというのは困ります。

筋トレに集中出来なくなってしまいますね。

しかし、対策がないわけではありません。

上にも書きましたが、頭髪に影響を及ぼすのはDHT(ジヒドロテストステロン)であり、それはテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって変換されて作られます。

つまり、5αリダクターゼを抑えてDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出さないようにすれば、薄毛の進行は抑えられるということになります。

 

5αリダクターゼを抑制するもの

 

5αリダクターゼを抑制するものは、身近なもので言えば納豆や豆腐などの大豆食品、緑茶や亜鉛などです。

本格的に5αリダクターゼを抑えたい

今から薄毛を予防しておきたい

という方にはジオウエキス、オウレンエキス、オウゴンエキスで5αリダクターゼを抑制してくれるRHIZOGAIN(リゾゲイン)というものがあります。



全額返金保証もあるみたいなので、一度試してみても良いかもしれないですね。

 

5αリダクターゼの抑制だけでなく、タンパク質も十分に摂ることを忘れずに。

それでもダメだったら、筋トレするしないに関わらず元々ハゲる運命だったと諦めて、筋トレに励むしかないですね。

私もそう思うことにします。

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数