筋トレにおすすめのトレーニンググローブ!必要性と使い方

スポンサードリンク

皆さんは筋トレをする時、グローブは着けていますか?

既に身に着けている方なら分かると思いますが、あれって絶対に持っていた方がいいですよね。

ウエイトトレーニングをしてる人がよくグローブを着けてるけど、どんな効果があるの?必要なの?

というような質問がありましたので、今回はトレーニンググローブの種類、使い方から効果までお話したいと思います。

 

トレーニンググローブの必要性と効果、使い方

 

さて、先ずはトレーニンググローブにどのような効果があるのか、どうして必要なのかについてお話します。

手のひらの皮膚を守るため

cf0e9da6b48f2a54b373724747921fe2_s

軽い重量を扱う上では素手でも問題ないと思いますが、重量が上がってくると手のひらの皮膚が傷つきやすくなります。

握力や筋力面では問題ない重さでも、手のひらが痛くて上手く持ち上げられないなんてこともありますので、今後重い重量を扱う予定のある方は持っておくべきでしょう。

また、手のひらにマメが出来るのを防ぐことも出来ますので、特に女性でウエイトトレーニング、マシントレーニングを行なわれる場合にはトレーニンググローブを持っておいた方がいいかもしれません。

汗をかいた時の滑り止め

f26e78c9b67fd7e99e7bd790e48e6cd1_s

汗をかくと手のひらが滑りやすくなります。

バーベルやダンベル、マシンでグリップが安定しないと、滑って落としてしまったりなど怪我に繋がる危険性がありますので、グローブでしっかりとグリップを安定させる必要があります。

滑って上手く握れないと集中したい部位に集中出来ないということもありますよね。

 

 

トレーニンググローブの主な効果はこの二点です。

トレーニンググローブの使い方はとっても簡単で、ただ手に着けてトレーニングを行なうだけです。(普通の手袋と同じです。)

男性なら重い重量を扱う上で必要になりますし、女性の場合は皮膚を守るためにも持っておいた方がいいでしょう。

 

スポンサードリンク

トレーニンググローブの種類

 

トレーニンググローブの種類をご紹介します。

レザーのトレーニンググローブ


一般的な革製のグローブです。

伸縮性がないため、フィット感はあまり感じられないかもしれません。

しかし、革製のため耐久性はありますので、長く使いたいという方には良いでしょう。

おすすめはゴールドジムのレザーグローブです。

→ゴールドジムのレザーグローブ

人工素材のトレーニンググローブ


個人的におすすめなのはこのグローブです。

革製よりも薄く耐久性はないものが多いですが、伸縮性が高く手にフィットしやすいので一切ストレスを感じずにトレーニングを行なうことが出来ます。

滑り止めとしての効果も高いので比較的重い重量でもグリップが安定します。

革製のものに比べて気軽に洗えるものが多く、臭いなどが気になる方にもおすすめです。

私の現在adidas(アディダス)の人工素材で出来たパフォーマンスグローブを使っています。

もう一年以上使っていますが特に不具合もなく使うことが出来ています。デザインもお洒落なので好きです。

→私が使っているadidasのグローブはコチラ

レディス用トレーニンググローブ

41SUlepaAhL

女性向けのトレーニンググローブで、男性向けのグローブに比べ指を保護出来る部分が長くなっています。

バーベルやダンベルなどにはローレットと呼ばれるギザギザのようなものがありますので、手のひらをしっかり守りながらトレーニングを行ないたい人にはおすすめです。

→おすすめのレディス用グローブ

リストラップ付きトレーニンググローブ

51Zgrd9a+aL

リストラップが付いているタイプのトレーニンググローブです。

リストラップは手首に巻くもので、握力補助のタイプと手首を固定して守るタイプの二種類があります。

このグローブについているリストラップは後者のもので、主にプレス系の種目などで手首を安定させることを目的に使用します。

手首の力が弱い方はこのリストラップ付きのグローブを選ぶと良いでしょう。

ただ、種目によっては邪魔になるということもありますので、そういった場合にはグローブとは別にリストラップを用意するという方法もあります。

→おすすめのリストラップ付きグローブ
→おすすめのリストラップは?

 

トレーニンググローブはあった方がいいのか

 

今回はトレーニンググローブの種類、使い方から効果までお話させていただきました。

正直、トレーニンググローブがなくてもトレーニングは行なえます。

質の高いトレーニングを行いたいということであればあった方が良いというものです。(あって損をすることはないですし。)

個人的にはトレーニンググローブを付けるとやる気になるというか、モチベーションが上がるというのも大きいです(笑)

最初はそういった理由でも構わないと思いますし、トレーニングの質を上げるという意味で購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに軍手でも良いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、軍手は消耗するのも早いですし、何よりトレーニング用には作られていませんので危険です。

ほつれて引っかかったり滑りやすいと怪我にも繋がりますので、必ずトレーニング用のグローブを購入するようにしましょう。

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数