記録を付けないと損!?筋トレノートの書き方とメリットについて

スポンサードリンク

皆さんは筋トレの記録は付けていますか?

ノートやアプリでどのようなメニューを行なったか、どれくらい行なったのかなどをしっかり書いて残しておくことはとても重要です。

人によっては記録を付けるだけで

扱える重量が大幅に上がります。

早く筋肉を付けることが出来ます。

それくらいトレーニングの内容を文字に残すことは大切です。

今回は筋力トレーニングやエクササイズなどのワークアウトを記録に残すことでどのようなメリットがあるのか、そしてどのように書いた方がいいのかをお話したいと思います。

 

ウエイトトレーニング内容を記録するメリット

 

a4ddd27a092ef09fceca4c1f7df1d294_s

ウエイトトレーニングの内容をノートなどに残しておくことでのメリットは主に二つあります。

重量など自分のレベルを常に確認することが出来る

前回行なった筋トレのメニュー、各セットの重量、レップ数などは全て覚えていますか?

前々回はどうですか?

詳細には覚えていないですよね。

様々な種目を行なっていると全てのトレーニング内容を覚えておくことは困難になります。

しかし、筋トレを行う上でトレーニング内容を覚えておくことはとても重要です。

毎回のトレーニングで前回の自分を超えられるよう、重量やレップ数、セット数などを増やしていかなければなりません。

しかし、前回のトレーニング内容を全て覚えていなければ、重量の選択、レップ数やセット数の組み方も適当になってしまいます。

それでは効率的に筋肉を付けていくということは出来ないですよね。

ノートにメニュー内容を残しておくことで前回までの自分のレベルを確認し、それを超えるメニューを組むことが出来るようになるのです。

メニュー作成の判断材料になる

ノートに種目を書いておくと、前回どんな順番でトレーニングを行なったのかも分かるようになります。

メニュー作成には種目の順番なども重要です。

記録を取っておけば、それを元に新たなメニューを考えることも出来ますし、新たな刺激を与えるために前回とは違う順番で行ってみようなどメニューの幅も広がりますよね。

また、今まで行なったトレーニング内容が確認出来れば、効き方や筋肉の付き方を見て次回からのメニューを修正することも簡単になります。

例えば、大胸筋の上部に筋肉を付けたいのになかなか効果が出ないと悩んでいたとしたら

今までのメニューを見てどこが悪かったのか調べる
→もしかしたら大胸筋上部を鍛えるこの種目のフォームが悪いんじゃないか
→別の種目に変えてセット数も増やしてみよう、フォームを見直してみよう…etc.

このように今までの内容を見て修正を加えることが出来るのです。

 

スポンサードリンク

筋トレノートはどのように書いたらいいのか

 

160129cbb20bab6227f01dcb65fb696c_s

筋トレノートの書き方ですが、基本的には好きに書いても構いません。

ただ、記録を取ることの目的は上に書いたようなメリットがあるからです。

そこから考えると

・重量
・レップ数
・セット数
・種目名

これくらいは記録した方がいいでしょう。

また、何か変わったことがあればそれもメモしておいた方がいいと思います。

・こうした方が効きやすかった
・こうしたらどこに痛みを感じた
・こういう目的でメニューを組んだ
・コンディションが良くなかったなどなど

こういったものまでメモしておくと、また次回ウエイトトレーニングを行う際に参考にもなります。

私は筋トレを始めてしばらく経った後にノートを取るようになりましたが、ノートを取るようになってから自分を把握しやすくなり、トレーニングの改善も行いやすくなりました。

ベンチプレスで言えば、そこから扱える重量も30キロ以上アップしましたよ。
(単純に成長しているというのもありますが、以前の2倍近いのペースで重量が上がっていきましたので確実に効果はあると思います。)

筋トレの記録を付けていない方は、是非これから記録を付けてみるようにしてみてくださいね。

今ではアプリなどで簡単に記録も付けたり出来るようです。

→トレーニングの管理/記録用アプリ

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数