痩せる筋トレとは?筋トレダイエットで身体のラインを美しく保つ

スポンサードリンク
5624d4813b665d251df4e2a307789215_s

海外は日本に比べフィットネスが普及しており、美しいラインの身体を持った外国人女性はとても多いですよね。

日本ではダイエットは有酸素運動が主流となっておりますが、ダイエットには有酸素運動が良いというのももちろん間違いではありません。

それは筋トレに比べ有酸素運動の方がカロリー消費自体は大きいからです。

しかし、何のために痩せたいのか。

それはやはり太りにくい身体を作り、綺麗な身体のラインを作り出すことが目的ではないでしょうか?

美しい身体のラインを作るということや太りにくい身体を作るという意味では筋トレはとても有効的な方法の一つです。

是非、筋トレによる効果を知っていただき、女性も筋トレをダイエットに組み込んでみていただければと思います。

 

筋トレと有酸素運動の消費カロリー

 

筋トレはダイエットに効果的というお話は何回か以前の記事でもお話させていただきました。

しかし、単純なカロリー消費という面で考えれば筋トレより有酸素運動の方が早く痩せやすいということは事実です。

 

20代体重50kgの女性1時間の消費カロリー

ウェイトトレーニング(軽・中強度) 150kcal程度
ウェイトトレーニング(高強度) 300kcal程度

ランニング(134m/分) 340kcal程度
ランニング(161m/分) 420kcal程度

※体質や環境によって多少の個人差はあります。

 

こちらをご覧頂ければ分かると思いますが、消費カロリーで言えば有酸素運動の方が高くなっています。

では何故筋トレの方がダイエットには効果的なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

筋トレダイエットのメリット

 

筋トレダイエットのメリットは最初にも書いていますが

  • 太りにくい身体を作る
  • 身体のラインを整えることが出来る

大きくこの二つになります。

 

太りにくい身体を作る

 

これは色々なところでも書いてあり、既に知っているかと思います。

筋肉を増やすことにより基礎代謝を上げることが出来ますので、太りにくい身体を作ることが出来ます。

筋肉を増やしても大して消費カロリーは増えないから筋肉を付けても意味がないという話もあるようですが、筋肉が多くなると内蔵も大きくなるという傾向もあり、筋肉以外でも基礎代謝が増える可能性は十分にあります。

また、同じ食事や生活を続けていても基礎代謝が増えることにより、痩せたり体型を維持することが出来るというのは魅力的ではないでしょうか。

そしてダイエットで体型を維持するためには、習慣として続けられるものであるということが重要です。

有酸素運動は消費カロリーは多いものの、習慣として続けるというのはなかなか難しいですよね。

ウォーキングでこそ続けられるかもしれませんが、ウォーキングの場合は一時間で消費カロリーが150kcal程度(体重50kgの方の場合)ですので、ダイエットとしてはあまり効果的ではありません。

ウォーキングはあまり筋肉を使いませんので、脂肪が燃焼されるよりも先に筋肉からエネルギーが消費され、結果的に筋肉が減って太りやすい身体になってしまうということもあります。

そこまで極端に筋肉が減るということはないと思いますが、有酸素運動を行うにしても太りにく身体を作るために筋トレを並行して行うことをおすすめします。

 

身体のラインを整えることが出来る

 

筋トレにより身体のラインを美しく保つことも出来ます。

筋トレと言えば男性のイメージがあるかもしれませんが、これこそが女性にも筋トレをやって頂きたいと考える理由です。

胸や臀部のトレーニングを行えばメリハリのある身体を作ることはもちろん出来ますし

また、血流が良くなれば女性ホルモンの分泌も盛んになり、胸筋も併せて鍛えることによって胸の垂れ防止やバストアップの効果もあります。

肌のたるみは筋肉や脂肪の緩みなども原因となっていますので、筋トレをすることにより肌にハリを取り戻すことも出来ます。

 

 

どうですか?

これだけ聞いたら少し筋トレをしてみたくなりませんか?

筋トレはたくさんやらないとダメというようなイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

時間は長くても一時間、50回100回とやる必要はありません。

自分に合ったウエイトを短期間集中的に持ち上げるだけで大丈夫です。

筋トレをしたらムキムキになってしまうのではないかという不安もあるかもしれませんが、それについてはこちらで話している通り、心配する必要はありません。

ぜひ美しい身体のライン作りや太りにくい身体を作るためにあなたも筋トレを始めてみてくださいね。

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数