肩の筋トレ!立体感のある肩を作るために大事なことは…

スポンサードリンク

男性といえばやっぱり広い肩幅や立体感のある肩で男らしい姿をアピールしたいものですよね。

つい、筋トレというと胸や腕、腹筋などばかりを鍛えがちですが、カッコイイ身体を目指すなら肩の筋トレは必要不可欠です。

肩幅を広くして厚みを持たせる秘訣について今回はお話したいと思います。

 

三角筋を鍛える

 

筋トレ初心者の方が肩の筋トレを始めるなら、先ず三角筋の筋トレをおすすめします。

男らしい肩幅や丸みを持たせるには三角筋のトレーニングが効果的であり、とりあえず三角筋を鍛えておけば男らしい身体付きに見えるからです。

三角筋がどこの筋肉かというと、ちょうど肩を覆っている丸い部分になります。

ここが大きくなれば男らしい身体付きに見えるというのもなんとなくイメージが湧きますよね。

 

スポンサードリンク

三角筋は三つに分かれている

 

三角筋は前部、中央部、後部の三つに分かれています。

前部は肩の前側にある部分、中央部は横にある部分、後部は後ろにある部分となります。

三角筋の筋トレを行う場合には、必ずこの三つをしっかり分けてトレーニングを行うようにしましょう。

この三つをバランス良く分けて鍛えることにより、より肩に立体感や厚みを持たせることが可能になります。

 

三角筋を鍛える種目

 

三角筋の前部

フロントレイズ

ショルダープレス

アップライトローイング

 

三角筋中央部

サイドレイズ

ショルダープレス

アップライトローイング

 

三角筋後部

リアレイズ

 

私が主に行っているのはこちらの種目になります。

三つを分けてトレーニングし、更に全体へのトレーニングを行なうことをおすすめします。

最初は軽い重さで構いません。

初心者の方でしたら軽いものでも十分に効かせることが出来ると思います。

また、肩のトレーニングは反動を使いがちになってしまうと思いますので、慣れるまでは反動を使わないよう座って行うことをおすすめします。

最初から重い重量を扱ったり、反動を使ったりすると怪我にも繋がりますので気を付けてくださいね。

 

最後に

 

如何だったでしょうか。

今回は主に三角筋の鍛え方についてお話しましたが、僧帽筋なども一緒に鍛えるとよりカッコイイ身体を作ることが出来ます。

肩を鍛える筋トレには他にも様々な種目がありますので、そちらも今後ご紹介していきます。

最初は肩への効かせ方も難しいと思います。

腕で上げようとはせず、腕の付け根から上げるイメージで行なってみると上手くいくかもしれません。

ぜひあなたも広い肩幅、立体感のある肩を作りましょう!

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数