筋トレをすると身長が伸びなくなる!?トレーニングと背の高さの関係

スポンサードリンク

昔から筋トレをすると背が伸びなくなるという噂があるようです。

筋肉を付けすぎると骨の成長を妨げるためだとかなんとか。

筋トレをして身長が伸びなくなるなら筋トレなんてしたくない!って方も結構いますよね。きっと。

実際私も高校生の時はそう思ってました。

果たして本当に筋トレをすると身長が伸びなくなってしまうのでしょうか。

 

筋トレで身長が伸びなくなるということはない

 

「子供の頃に筋トレをすると身長が伸びなくなる」という噂ですが、実際のところまだどうなのかというのは証明されてはいません。

ですが、筋肉には骨の成長を妨げるほどの力はないという研究結果は出ているそうです。
また、筋トレなどの無酸素運動では成長ホルモンも分泌されます。

成長ホルモンは成長期の子供の骨の伸長にも効果があると言われていますので、必ずしも筋トレが悪い方向に作用するということはないでしょう。

 

スポンサードリンク

一般的に筋トレが身長に影響を及ぼすと言われている理由

 

中学生くらいまでは筋トレをしても筋肉は付きづらいと言われています。

そのため、筋トレをしていても実際に筋肉が付き始めるのは高校生くらいになってからになります。

高校生くらいになると身長も止まってしまいますので、

筋肉が付き始めて身長が止まる

という現象が起き、これが筋肉を付けてしまったことにより身長が伸びなくなったと言われている原因ではないかと考えています。

また、身長が高いと同じ筋肉の量でも身長の低い人より細く見えてしまいますので、身長が低い人の方が筋肉が付いているように見えます。

(ボディビルダーでも身長の高い人は少ないです)

身長が低い人の方が筋肉が付いているように見える→筋肉を付けると身長が伸びなくなる

となり、筋肉が身長に影響を及ぼすと思われてしまっているのかもしれません。

 

結論

 

筋トレが身長に影響することはないでしょう。

気にすることなく筋トレをしてくださいね。

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数