ダイエット後も食事制限は続ける?戻し方と体型を維持する為の注意点

スポンサードリンク

ダイエット後は普通にご飯食べていいの?

ダイエットされている方なら誰しもが気になることですよね。

体型は維持したいけど、一生ダイエットするのはきつい!

やっぱり自分の好きなものも食べたいですよね!

本日はダイエット後の体型維持とそのための食事の仕方についてお話したいと思います。

 

ダイエットは一生続ける必要はない

 

頑張ってダイエットしたのにすぐリバウンドしまったら困りますよね。

ダイエットした後はそのリバウンドへの恐怖心から拒食症や過食症になられる方もいらっしゃるようです。

その恐怖心を取り除きたいと思いますのでハッキリ言います。

好きなものを食べても体型は維持出来ます!

現に私も以前15キロの減量に成功し、その後は好きなものを食べていますが体型は維持することが出来ています。

ただ、体型を維持するためにはいくつかの注意点があります

例えばダイエットを終えて毎日好き放題食べていたらそれはさすがに太りますよね。

摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまえば太ってしまうというのは、ダイエットされた方でなくても当たり前のことです。

いきなり食事を元に戻さない

元の食事の摂取カロリーがそこまで高くなければ、ダイエット後に食事を元に戻すということは問題ありません。

食事制限でダイエット行なっていた場合、痩せるために摂取カロリー<消費カロリーの状態になっていますので、摂取カロリー=消費カロリーの状態まで食事を戻す分には体型を維持することは出来るということになります。

しかし、これには一つ注意点があります。

いきなり食事を元に戻してはいけないということです。

ダイエット終わってすぐに食事を以前の状態に戻してしまうとそれはリバウンドの原因になってしまいます。

ダイエット時は上記にもある通り、痩せるために摂取カロリー<消費カロリーの状態になっています。

身体を維持するための栄養に対して摂取している栄養が足りていない状態ということです。

ダイエットが終わった後すぐに食事を元に戻してしまうと、今まで栄養が足りていなかった分、身体に蓄えようとしてしまいます。

当たり前ですよね。

今まで栄養が入ってこなかったのですから、栄養が入ってくると分かったら身体も「今のうちに溜め込んでおかないと!」と思ってしまうわけです。

ダイエット後は少しずつ食事を元に戻して様子を見るようにしましょう。

少しずつ戻して摂取カロリー=消費カロリーのラインを探るのが重要です。

体重が増えてしまってもすぐ焦らない

食事を元に戻したら体重が増えてしまった!

そういう方もいるかもしれません。

もし食事を元に戻したのが昨日だったとして、今日体重を測ったらが増えていたのだとしたら

まだ気にするのは早いです。

体重に関しては単純に脂肪や筋肉だけで変動するものではありません。

もちろん身体の大半を占めている水分も大きく影響します。

例えば塩分を摂り過ぎてしまうと水分量が増えてしまうということもあります。

実際は体重(体脂肪)が増えていないのに体重が増えてしまったと思い、焦ってすぐに食事制限をしてしまったりという方もいるようですが、すぐに太ったと判断してしまうのはやめた方がいいでしょう。

おすすめは三日間~五日間毎の体重の平均で体重の推移を見るという方法です。

これならその日その日で多少の上下があっても、実際に体重(体脂肪)が増えているのかどうかを平均で見ることが出来ます。

低GI食品から食べるようにする

ダイエット後はいきなり食事を戻してはいけないってことは分かったけど、一体何から食べたらいいの?

そんな方におすすめしたいのは「低GI食品」です。

低GI食品というのは食後の血糖値の上がり具合が緩やかな食品です。

血糖値の上がり具合が緩やかだとインスリンの分泌を抑えることが出来ます。

インスリンは脂肪の分解を抑える作用があるため、インスリンが大量に分泌されれば脂肪が身体に蓄積されてしまうことになります。

逆にインスリンを抑えることが出来れば糖は脂肪として蓄積されず、すみやかに吸収されます。

つまり、低GI食品なら脂肪が蓄積されるのを抑えることが出来るということなんです。

是非ダイエット直後は低GI食品を食べるようにしましょう。

低GI食品にどのようなものがあるかはこちらで詳しくお話しています。

■しっかり食べても痩せられる!ダイエットで話題の低GI食品について

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数