腹筋をすると腰が痛くなる理由!トレーニング方法に痛みの原因がある

スポンサードリンク

腹筋をして腰に痛みが出たなんて方も結構いるのではないでしょうか。

私にもよく「腰が痛くならない腹筋方法はないですか?」というような相談があります。

実は多くの人が勘違いしている腹筋方法に腰が痛くなる原因があります。

今日はそれについてお話しましょう。

 

腹筋トレーニングが間違っている

 

腹筋トレーニングというと

40e212cee8d0c4e417d30d4864e2adc9_s

このように床に仰向けで寝っ転がり、膝を曲げた状態で上半身を起こしたり倒したりという運動を思い浮かべると思いますが

この腹筋トレーニングのやり方を多くの方が間違えています。

シットアップと呼ばれるこの腹筋トレーニング

実は多くの方が

上半身を上げすぎているのです。

この運動をやってもらえれば分かると思うのですが、この運動を行った時に実際腹筋が使われているのは上体を少し上げたところまでなんです。

多くの方がここから更に上半身を上げてしまっています。

その際に腹筋ではなく、大腰筋や大腿直筋を使ってしまい、これが腰を痛める原因の一つとなっています。

また、上半身を上げすぎてしまいますと腹筋の力も抜けてしまいますから、腹筋トレーニングとしての効果も大幅に下がってしまいます。

 

スポンサードリンク

背筋を鍛えれば腰痛は改善される?

 

よく腹筋で腰を痛めると「背筋が弱いから腰が痛くなる」とか「背筋を鍛えれば腰も痛くなくなる」なんて言う方もいますが

背筋を鍛えても腰痛は改善されません

上にも書いたように腰痛の原因は腹筋トレーニングの仕方にあります。

背筋を鍛えても改善はされませんので、腹筋トレーニングの仕方を一度見直しましょう。

 

腹筋は少し上半身を上げるだけで大丈夫

 

では、シットアップを行う際にどこまで上体を上げたらいいのか。

大体おへそが見えるくらいのところまで上体を上げるだけで十分に腹筋を鍛えることが出来ます

物足りないと思うかもしれませんし、ちゃんと腹筋が鍛えられているのか不安になるかもしれませんが、腹筋を触りながらシットアップを行うと大体おへそが見えるくらいまでが腹筋が使われているのか分かると思います。

 

腰も反らないように気を付ける

 

他にも腹筋トレーニングで腰を痛める原因として

腰が反ってしまっていることも考えられます。

限界に近いところまでトレーニングを行うと、無理をして上体を起き上がらせようとするあまり、腰から頭にかけてのラインが直線または反ってしまっていませんか?

腹筋のトレーニングでは身体を丸めるように“く”の字を作るのが基本です。

腰を反らせた状態で腹筋を行うと上半身の重さが腰に掛かってしまいます。

それが腰を痛める原因にもなってしまうというわけですね。

 

まとめ

 

  • 上半身を上げすぎない
  • 腰を反らない

この二点に気を付けて腹筋を行うようにしましょう。

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数