筋肉痛にならないのですが、筋トレに問題があるのでしょうか?

スポンサードリンク

筋肉痛にならないのですが、筋トレ方法に問題があるのでしょうか?

このような質問をいただきました。

これはよくある質問なのでこちらでもお答えします。

 

筋肉痛にならなくても効いていないというわけではない

 

筋トレをした後に筋肉痛になると、筋肉に効いてる感じがしますよね。

しかし、筋肉痛がないからといって効いていないとは限りません。

同じ種目を同じように続けているとどうしても筋肉も慣れてしまい、筋肉痛になりづらくなるのです。

筋肉痛になっていないとしてもしっかりとターゲットの部位を使って強度の高いトレーニングを行っていれば、筋肥大も十分に見込めます。

また個人差もあり、部位によっても筋肉痛になりやすかったり、なりにくかったりということもあります。

とはいえ、筋トレを始めたばかりの方ですと、しっかりとターゲットの部位でのトレーニングが行えていないという可能性もあります。

先ずはしっかりとターゲットの部位でトレーニングが行えているか、フォームや筋肉の動きを確認してみましょう。

 

スポンサードリンク

それでも筋肉痛がないと不安という方には

 

そうは言ってもやっぱり筋肉痛があった方が「筋トレした!」って気になりますし、モチベーションを高めるためにも筋肉痛を起こしたいという方もいると思います。

上にも書きましたが、同じ種目を同じように続けていることにより筋肉が慣れてしまい、筋肉痛が起こっていない可能性があります。

筋肉痛が起こらないと効いてない気がする、筋肉痛を起こしたいという方は

  • 普段していないトレーニングを行う
  • レップ数やセット数、重量を変えてみる
  • コンパウンドセット等でインターバルなしで行ってみる

などなど、トレーニング方法を変えてみて筋肉に新たな刺激を与えてみましょう。

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数