プロテインは飲んだ方がいいの?必要なのかは食事で変わってくる

スポンサードリンク

筋トレしてる人はよくプロテインを飲んでるって聞くけど、プロテインって何なの?

プロテインは飲んだ方がいいの?

プロテインに副作用とかはないの?

筋トレしてる人って大体プロテイン飲んでたりしますし、筋トレを始めた人は誰もが気になることですよね。

今日はその質問に御答えします。

 

プロテインは薬でも何でもなく、タンパク質(protein)という意味です。

一般的に日本でプロテインと呼ばれているものはタンパク質を主成分とするプロテインサプリメントのことを指します。

不足しているタンパク質を補うものですので、飲まなければならないということはありません。

また、アナボリックステロイド等と勘違いされている方も多いようですが、プロテインは薬でもありませんから副作用もありません。普通の食品となります。

 

一日のタンパク質必要量

 

では一日に必要なタンパク質というのはどれくらいなのでしょうか。

本気で筋肉を付けたい人はよく自分の体重×2~3g位摂取した方が良いと言われたりします。
(例:体重が60kgの人は 60×2~3g→120~180g)
※トレーニングの頻度によって異なり、脂肪分は抜いて計算する場合もあります。

実際にタンパク質量を気にして過ごしてみると、食事だけで一日120~180gというのはなかなか摂取するのが難しい量です。

タンパク質含有量の多い鶏胸肉でも一日500gは食べないといけません。

そこで食事では摂取しきれないタンパク質分を補うのがプロテインです。

ですが、上記にもありますようにトレーニングの頻度によっても一日に必要な摂取量は変わってきます。

トレーニング頻度の低い方やあまり筋トレをされない方であれば、普段の食事でタンパク質を多めに摂るよう心がけるだけでも大丈夫な場合もあります。

ですので必ずしもプロテインを摂取した方がいいということはありません。

自分のトレーニング頻度や普段の食事から必要であればプロテインも取り入れてみては如何でしょうか。

→私も飲んでいるおすすめプロテインのレビュー記事はこちら

スポンサードリンク
メールカウンセリング、パーソナルトレーニングのご依頼、ご相談などは気軽にお問い合わせLINE@からどうぞ。

LINEの友だち追加はこちらから

LINE@QRコード

友だち追加数